えふでモジモジ動画の旅

映画やドラマの感想や日常をモジモジと描く日記

京都で開催中ゴッホ展へ行ってきました!

今日は京都マラソンだったようですが、その前日の2018年2月17日に、京都の美術館で開催されているゴッホ展へ行ってきました。

正直「芸術」というものは良く分からないし、ゴッホと聞いて頭に浮かぶのは「ひまわり」だけで、詳しいわけでもありません。

が!とっても良かったこともあったので、日記を書いています。

※感じたことをそのまま書いているので、ゴッホファンの方は気分を害される恐れがあります。その辺り、ご了承ください。

ゴッホって何が良いのさ?自分でも書けそうだよ?

ゴッホ展へ行って最初の数枚の作品を見た時、私はこう思いました。

「え、これなら私でも書けそう」

「どこが上手いか分からない」

これが正直な感想だったんですね。

そもそもゴッホ展に行ったのも、ツレが行きたいと言ったから。興味があるわけでもなく、「なんとなく見て、終わりだな」と思っていました。

ゴッホ展の2フロア目に移動して違和感を感じた

でも、2フロア目に移動して「風景」の絵を見た時からでしょうか。

「え、なんか上手くない?」

と思ったんですね。

パット見て「キレイ」と思ったし、なんとなくゴッホの凄さって言うのが分かりはじめました。

でも近くで見てみると「これなら私でも書けそう」なんです。

どうやらこうやって遠くで見ると美しく、近くで見ると残念(?)なのを「印象派」って言うらしいですが、この印象派の魅力に取りつかれそうになりました。

ゴッホの生涯を知り、一筆一筆の魅力に惹かれていった私

そうして3フロア目くらいに行ってみると、ゴッホの生涯を知ることになりました。何と精神病棟に入って、なおかつ自殺をしていたそうな・・・。

でも、そんな精神病棟に入りながら絵をかいていたようで、その絵もみることができました。

正直この「一筆」にどんな感情があるんだろうと考えると、筆のタッチが私には非常に魅力的に見えました。

「ゴッホってただもんじゃないぞ」

と思ったわけです。

ゴッホの何がスゴイのか?

で、ゴッホの何がスゴイって、

・日本の絵画の印象を取り入れながら成長し続け
・死にそうな心の状態になっても絵を描き続け
たことで、そこに「死んだ」という伝説があいまって、「神」になっていることです。

これはあくまで私の感想ではありますが、人を引き付ける「何か」がそこにありました。

結果的にミケランジェロとかもスゴイな~って思ってたけど、ゴッホはゴッホで違う視点でスゴイってこと。

ちょっと芸術に興味が出始めた京都の旅でした。

京都国立近代美術館のカフェド505も良かった

ちなみに京都国立近代美術館でゴッホ展を見た後はカフェド505へ行きました。ここのパスタと焼カレーを食べましたが、フォトジェニックでなおかつおいしかったです。

美術館併設のカフェってなんちゃってカフェが多い印象ですが、かなり本格カフェで、また何かイベントがあったら行きたいなって思いました。