えふでモジモジ動画の旅

映画やドラマの感想や日常をモジモジと描く日記

京都で開催中ゴッホ展へ行ってきました!

今日は京都マラソンだったようですが、その前日の2018年2月17日に、京都の美術館で開催されているゴッホ展へ行ってきました。

正直「芸術」というものは良く分からないし、ゴッホと聞いて頭に浮かぶのは「ひまわり」だけで、詳しいわけでもありません。

が!とっても良かったこともあったので、日記を書いています。

※感じたことをそのまま書いているので、ゴッホファンの方は気分を害される恐れがあります。その辺り、ご了承ください。

ゴッホって何が良いのさ?自分でも書けそうだよ?

ゴッホ展へ行って最初の数枚の作品を見た時、私はこう思いました。

「え、これなら私でも書けそう」

「どこが上手いか分からない」

これが正直な感想だったんですね。

そもそもゴッホ展に行ったのも、ツレが行きたいと言ったから。興味があるわけでもなく、「なんとなく見て、終わりだな」と思っていました。

ゴッホ展の2フロア目に移動して違和感を感じた

でも、2フロア目に移動して「風景」の絵を見た時からでしょうか。

「え、なんか上手くない?」

と思ったんですね。

パット見て「キレイ」と思ったし、なんとなくゴッホの凄さって言うのが分かりはじめました。

でも近くで見てみると「これなら私でも書けそう」なんです。

どうやらこうやって遠くで見ると美しく、近くで見ると残念(?)なのを「印象派」って言うらしいですが、この印象派の魅力に取りつかれそうになりました。

ゴッホの生涯を知り、一筆一筆の魅力に惹かれていった私

そうして3フロア目くらいに行ってみると、ゴッホの生涯を知ることになりました。何と精神病棟に入って、なおかつ自殺をしていたそうな・・・。

でも、そんな精神病棟に入りながら絵をかいていたようで、その絵もみることができました。

正直この「一筆」にどんな感情があるんだろうと考えると、筆のタッチが私には非常に魅力的に見えました。

「ゴッホってただもんじゃないぞ」

と思ったわけです。

ゴッホの何がスゴイのか?

で、ゴッホの何がスゴイって、

・日本の絵画の印象を取り入れながら成長し続け
・死にそうな心の状態になっても絵を描き続け
たことで、そこに「死んだ」という伝説があいまって、「神」になっていることです。

これはあくまで私の感想ではありますが、人を引き付ける「何か」がそこにありました。

結果的にミケランジェロとかもスゴイな~って思ってたけど、ゴッホはゴッホで違う視点でスゴイってこと。

ちょっと芸術に興味が出始めた京都の旅でした。

京都国立近代美術館のカフェド505も良かった

ちなみに京都国立近代美術館でゴッホ展を見た後はカフェド505へ行きました。ここのパスタと焼カレーを食べましたが、フォトジェニックでなおかつおいしかったです。

美術館併設のカフェってなんちゃってカフェが多い印象ですが、かなり本格カフェで、また何かイベントがあったら行きたいなって思いました。

 

 

 

 

 

ジオストームを見てきました!鉄板のSFでした!

スターウォーズの最後のジェダイを観に行った時のCMで気になっていたジオストーム。なんだか映像もすごそうだったので、観に行ってきました。

感想としては「映画館で見ても良いけど、ありきたりなのでDVDでもいいかも」といった感じです。

でも、映像は素晴らしいので、映画館で見るなら、IMAXで見たほうが迫力はあると思います。

※以降ネタバレ含みます。

ジオストームの感想

まずストーリーは王道です。あまりに王道過ぎて、「見え見え」な展開といえばそういうことになります。

でもこのジオストームには、「ストーリーが分かっていても惹きつける何か」があったんですね。

人間の欲の怖さ

このジオストームには「お金」をもらって潜入するスパイのような人や、大統領のためと言いながら大統領をも殺そうとした補佐官的な役の人がいます。

ジオストームが起こった原因は「人間の欲」そのものです。

「もっと偉くなりたい」「もっと金持ちになりたい」

そういう欲があったからこそ悪の手の作戦が上手くいきました。こういう人間の欲深さを描いていることが魅力の1つになったんだと思います。

兄弟愛があった

そしてこのジオストームは家族愛というより兄弟愛があります。この兄弟がいたからジオストームが解決できたのですが、この兄弟の仲の良さが最高です。

もちろんめっちゃベタベタ仲がいいと言うわけではないんですが、こういう兄弟っていいなぁ、うらやましいなぁと単純に思えました。

ストーリーが分かりやすい

とにかくストーリーが分かりやすいです。

ジオストームが起こりそうになった
⇒コンピューターの暴走ではなく、人間が原因であることが分かった
⇒正義の味方で犯人捜しをする
⇒犯人がつかまり、ジオストームも解決
⇒ハッピーエンド(?)

正直結構な数の人が被害にあうので、ハッピーエンドではなかったかもしれません。でも、すこぶるシンプルストーリー。

こういう映画っていいです、スッキリします(笑)

ジオストームは20代までの方に特にオススメ!

ということで、20代までの方は特にジオストームを映画館で見てください。きっと心に残る名作になり得るでしょう。

30代以降の方はあれです、たぶん、「アルマゲドン」とか「ディープインパクト」とかそのあたりと被ると思うので、映画館で見なくてもいいと思いますw

でも、映画館で見ても「損はしない」映画です。

 

 

 

忍びの国を見た感想!大野君、大活躍じゃないか!

原作小説を書いたのが「和田竜」で、監督は数々の名作を出している「中村義洋」ということで、非常に気になっていた「忍びの国」をとうとう観ることができました!

今回は忍びの国を見てみた感想と、良かった所を、できるだけネタバレしずに紹介していこうと思います。

※この作品は、ぜひネタバレなしで観て欲しいと思ったからです!

忍びの国の主役無門と大野君の相性がバッチリ!

ファンの方、すいません。私はとりたててジャニーズファンじゃありません。だからこそ主役が嵐の大野智と分かった時、不安を覚えました。

なぜなら怪物くんのイメージしかなかったからです!!

でもでも、忍びの国を観てみたら、主人公のユル~い感じ、映画自体のエンターテイメントな感じ、そして斬り倒すときの迫真の演技!!!

これがめちゃくちゃはまってて、最高でした。

また無門は「めっちゃ強くて、でもやる気がない」そんな忍者です。※史実に基づいていますが、主人公は架空のキャラクターです。

そういう役柄ともぴったりなんです!

ちなみに監督は、配役について「大野智君しかない!!」と思ったそうです。うん、それが本当に分かる映画でした。

忍びの国はとにかく面白いエンターテイメント作品

「歴史」の話なので、ちょっと難しいのかなと思っていましたが、戦(いくさ)というよりエンターテイメント作品でした。

笑った笑った。

本当に面白かったです。でも面白いだけじゃなくて、所々「シリアス」な場面もあるわけですよ。そういうわけで、メリハリが出て、より面白さが出ている作品だと思います。

忍びの国はとにかく坂を転げ落ちるように集中してしまう!

観る前は期待していなかったので、暇になるかな?飽きるかな?と思ってポップコーンを買っていきました。

特に出だしは「こんなゆるい感じなのか~」と思ってポップコーンを食べてましたが(笑)、10分くらい経って、どんどん物語が展開されていって。。。

え?まじ?おおおー演技がすごい!

もうポップコーンを食べるの忘れて、映画に集中してました(笑)

一度転がり始めたものを止めることなく、一気にクライマックスまで観てしまう。そういう素敵な作品となっています。

原作・監督・大野君コンビで次回作に期待w

いやー、ホント豪華なだけありました。原作も有名、監督も有名、そりゃ面白いに決まってる!そんな作品でした。

うーん、堅実な歴史もの、それを求めている人には「ちょっと・・・」という感じですが、大野君ファンはもちろん、小説を読んだことがある方、中村義洋監督作品(奇跡のリンゴ、白ゆき姫殺人事件、殿、利息でござる!、ポテチなど)が好きな方はピッタリだと思います。

あと、笑いたい人!

そんな方にはぜひ忍びの国を観てみて欲しいです!

なお、現在TSUTAYAディスカスにてレンタル中で~す♪220円で30泊31日で借りられますよ☆

>>TSUTAYAディスカス

スノーボードに行ってきました!10年選手のブーツが壊れてw、スキーにした結果

今年は雪が降りましたね。東京とかは大変だったみたいですが、どうでしたか?もしかしたら今も雪かきに追われてる方も・・・ご苦労様です。

そんな私は、今年初めてのスノーボードに行ってきました!あまり行かないタイプ(一応滑れます)ですが、せっかくの新雪、なら行こう!という話になりまして。

f:id:ryu1112:20180127205844j:plain

高鷲スノーパーク&ダイナランドに!

ということで今年は、岐阜県は高鷲スノーパーク&ダイナランドに行ってきました。このゲレンデは両方滑れるのが良いですね!

ただダイナはゴンドラがない(?)ので基本高鷲で滑ってましたが絶好の環境でした!

ただ、様々な事件もありまして(笑)、どうしようもなかったヘンテコ旅を今回は紹介します。

行きに迷ったw

朝はやくに出発したんですが、到着したのは10時でした。なぜかって?迷ったからです(笑)

私はスノーボード一式持っていたんですが、友達がもってなかったのでレンタル屋に寄りました。で、「ナビ」が方向分からなくなってたのに気付かなくて、ナビ通り行ったら、全然つかない。

むしろ遠回りしてるw

ということで、すっごーーーい遠回りをしてゲレンデに着きました。まぁ、話の話題はどんだけでもあるので、ちょっとした雪道ドライブでした。

ブーツの底がとれたw

そうして滑っていたら昼ごろでしょうか、ブーツの底が「ペロリ」ととれましたw

「わーー、とれてる」

と思ったのですが、実はこのブーツ、10年以上使ってたんですね。買い換えろと言う話ですが、そこまで行かないのでずっとそのままでした。

いや、本当に頑張ってくれました。私のブーツちゃん。

スキーに変更!でも滑れない!

そのブーツじゃ危ない・・・というわけで、レンタルすることにしました。でもスノーボードはいつもやってるしなぁ、「スキーやってみよう!!」ということで、スキーをレンタルしました。

案の定地獄でしたw

滑り方が分からない。止まり方も分からない。ボードと全然違う。

勢いで山頂まで行きましたが、下るまでに1時間以上かかりましたwもうね、辞めておけばよかったと思いましたよ。

幼稚園くらいのちっちゃな子が上手に滑ってる。

その傍ら私は意気消沈。

もうスキーはやめようと思いましたw(やるなら滑れる人がいる時にします)

とんでもないスノーボードの旅でした

というわけで、いろんな事件のあった今回のスノーボード。でも、とにかくめっちゃ楽しかった。

笑ったし、面白かった。雪も最高でした。

たまにはみんなでスノボ、行ってみるもんです。楽しいですよ~☆